憎き肉片


勃苦の毎日
by 2456008
以前の記事
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ハンター

c0136918_2285814.jpg

今週のハンターハンター素晴らしかった。
キルアみたいになりたい。
[PR]

# by 2456008 | 2012-02-20 22:08

ありがとう、さようなら。

c0136918_21322452.jpg

おばあちゃんの闘病生活もやっと終わりました。
皆にも本当にお世話になりました。ありがとう。

夜仕事終わって、今迄また病院行かなきゃって思ってたのが、あぁもう病院行けないんだって変わって、少し寂しい。

他から見れば、大往生だって年だったけど、僕からすると本当に早すぎる。
三度目の手術の後また家に帰れると本当に思ってたんだよ。
8月に一度退院したときにじゃがいも収穫する位の人だったのに。

もっとお話しとけばとか、もっと優しくしとけば、とかもっとは尽きないけど、最後まで、どんなに辛くても僕らに優しかったばあちゃんを本当に誇りに思う。
式の時もばあちゃんに聞かなきゃ分からない事が多すぎて、何度も起こそうと思った。
式の時に掛ける掛軸を捜してばあちゃんの部屋を家捜ししてたときに毎年誕生日に渡してたスカーフが大事にしまってあるのを見つけた。何か今年は涙流して大袈裟に喜んでたけど何か予感があったのかな?

最後も凄く辛い思いしてまで、遺される僕らに準備の期間をくれたり、母がぶっ倒れて入院して、退院した日を最後の日にしたり、何か凄い気遣いだよばあちゃん。

今迄本当にありがとうばあちゃん。あなたと過ごせた35年間幸せだったよ。またね。
[PR]

# by 2456008 | 2011-11-10 21:32

-

c0136918_2245452.jpg

そろそろ祖母とのお別れの兆しを感じる様になってきたよ。
今までは少しは家に帰れるんかもなんて思ってたけどね。

死んでも、生きてても変わり無く仕事に行って、飯食って寝るんだろうから大してばあちゃんの生死に意味は無い。
でも、身勝手だしオナニーだけど痛いーって叫び声で起こされて、何いってんの?ってイライラしながら彼女の体を抱いたり降ろしたり出来なくなるのは寂しいから辛くても生きてる方が私にとっては良いなって思ってしまった。
鬼だな俺。
[PR]

# by 2456008 | 2011-10-18 02:24

うぉぃぃいっ!

落合監督今期かぎり?
一度もBクラス落ちしてないのに?
ドアラと仲良しだからか?
たまに?な事もあるけど、暫く野球見て無かった私をまた、球場にまで足を運ぶ様にさせたのは監督とドアラです。間違い無くあなたの野球は面白いです。
日本シリーズに連れてって下さい。

ps,延長は、十一回迄でお願いします。
[PR]

# by 2456008 | 2011-09-23 09:36

きつい

c0136918_0541369.jpg

少し前からばあちゃんの体調が芳しく無くて病院に居る。

丈夫な人でつい最近迄とても九十オーバーには見えない程元気だった。

残念ながらとても痛みがあるらしく、先日迄は痛みに悶えながらも、周りに気を使って、痛いと言う言葉を余り使わず、ありがとう、すまん、ばかり口にする。
何故この人がこんなに苦しむ必要が有るのか理解に苦しむ程強くて優しい人だ。この人の孫であることが誇らしい。

しかし余りの痛みに消耗してしまい、強い痛み止の薬を今は使っている。
痛みからは解放されて体は楽になったようで、少しは良かったなと思えた。
しかし引き換えに彼女の人格を少し奪っていった。
彼女がとても痛くて苦しい時に私にありがとうと言葉をかけてくれた時に出た涙とは違う涙が出そうだった。

ありがとうばあちゃん何て言った事無いと思うけど、自分で思ってたよりばあちゃんの事好きだったみたいだ。
[PR]

# by 2456008 | 2011-08-28 00:54